大阪ブレストクリニックロゴマーク
乳腺外科

乳がん手術

Breast cancer Surgery

クリニックだけど、

ホスピタル。

ここはクリニック以上のクリニック。

大きな病院に勝るとも劣らない、

医療の品質と、手術の実績。

そして心地よいホスピタリティ。

クリニックは、選ばれなければならない。

治療も人生と考える乳がん患者さんに。

もう、そういう時代。

【乳房切除術(全摘出)】 乳房全体を取除く手術です。
【乳房温存術】 しこりを含む乳腺の一部を切除する手術です。
“乳房温存術“は概ね次の条件を満たす方が対象となります。

1.しこりの大きさが3cm程度まで

2.がんが周囲に広く拡がっていない

3.リンパ節への転移が無いか軽度にとどまる

ただし、しこりが小さくても、しこりの周りや乳管の中にがん細胞が拡がっていて、取り残してしまう可能性が高い場合には、温存した乳房に再発(乳房内再発)を起こしやすいので、適応とはなりません。

なお乳房温存手術では原則として放射線照射を併用します。

乳房切除術
乳房温存術

“腋窩リンパ節郭清”と“センチネルリンパ節生検”

【腋窩リンパ節郭清(えきかりんぱせつかくせい)】

乳がんの一部は乳房の周囲のリンパ節(特に腋窩リンパ節)を通って全身に拡がる性質があります。

この腋窩リンパ節を全て取り除く方法を「腋窩リンパ節郭清」といいます。

 

【センチネルリンパ節生検】

近年、リンパ管に入ったがん細胞が最初にたどり着く腋窩リンパ節(「センチネルリンパ節」といいます)を手術中に探し出して、このリンパ節にがんが転移していないかどうかを調べ(「センチネルリンパ節生検」といいます)転移がなければ腋窩リンパ節郭清を行わない方法が広く実施されるようになりました。

大阪ブレストクリニックでは、化学療法やホルモン療法、放射線照射を組み合わせて、可能な限り小さな手術ができるよう考えていきます。 ただし、手術する範囲を縮小できるかどうかは、病気の程度によって異なります。

あなたの病気の程度を考えながら、どの方法がよいか医師とよく話し合ってください。

しこりだけを取り除いたような場合を除き、手術をした後は腕や肩が動きにくくなります。

乳房温存術は、乳房切除術に比べて障害の程度は軽くすみますが、運動障害や痛みを残さず、 早期に回復するためには、手術直後からリハビリテーションを始めることが大切です。

思うように回復しない場合でも、退院後に根気よくリハビリテーションを続けることで、ほとんど元に戻ります。

リハビリテーション科を詳しく見る

手術後
リハビリテーション
手術に関するQ&A
Q.01
手術後、職場復帰は可能ですか?
職場復帰は充分可能です。 ただし、術後の治療によって通院の頻度が異なり、体調の回復にも個人差があるため、復帰時期は医師と十分ご相談ください。
Q.02
乳がんの手術をしても妊娠・出産はできると聞きましたが手術してからどのぐらいで可能ですか?
術後補助療法が無い場合は、術後6ヶ月は空けた方が良いでしょう。 術後補助療法を受けた場合は、治療が終了してから2年程度空けることが望ましいでしょう。 病状や治療によって異なりますので医師と十分にご相談ください。
Q.03
乳がんの手術では乳房を全部取ってしまうのですか?
しこりの大きさが3cm以下で、乳管内にがんの広がりがないもの、多発していないものであれば、乳房を全部取らずに しこりの部分だけを取り除く手術(乳房温存術)が可能です。最近では温存術が半数以上行われています。 また乳がんの手術と同時に、あるいは時期をずらして乳房を再建する手術も行われています。
Q.04
手術を受けた場合どのぐらい入院が必要ですか?

一般に、合併症がなければ1~2週間で退院できます。